>

宅配ボックスを使う時に気をつけること

このコラムをシェアする

サイズを考えて設置しよう

大きな宅配ボックスは、価格が高額になりやすいです。
ですから、小さいサイズを購入しようと考えている人がいるでしょう。
小さな宅配ボックスは安い価格で販売されているので、誰でも気軽に購入しやすいです。
ですが、小さな宅配ボックスは入れられる荷物に限りがあります。
宅配ボックスに入らない荷物の場合は、業者が持って帰ってしまうので注意してください。

結局、業者に再配達を依頼しなければいけない面がデメリットです。
大きな荷物を注文することが多いなら、きちんとそれが収まるサイズの宅配ボックスを購入してください。
予算を、多めに確保すると良いですね。
するとどのような種類の宅配ボックスでも、好きなものを選択できると思います。

盗難を防止するために

誰でも簡単に荷物を出し入れできる状態だと、荷物を盗まれる危険性があります。
仮に荷物を盗まれても、誰も責任を取ってくれません。
荷物は、自分で守らなければいけないと理解しましょう。
ロックが掛かる宅配ボックスだったら、盗まれることはありません。
きちんと確認して、丈夫な宅配ボックスを選択しましょう。

また、監視カメラを用意するのも良い方法です。
宅配ボックスが良く見える位置に、監視カメラ設置してください。
すると盗まれても、犯人の顔が綺麗に映っているのですぐに見つけて逮捕できます。
被害に遭ってからでは遅いので、宅配ボックスを設置する際に監視カメラなどの準備も済ませておきましょう。
監視カメラがあるだけでも、防犯に繋がります。